バイアグラのジェネリック薬を通販や個人輸入で購入するには?

バイアグラのジェネリックは通販で買う

日本でED治療薬を入手する場合、病院で処方してもらう必要があります。

しかし、忙しくて行けないなどの理由で、通院が難しい人も多いです。

また、ED治療薬の購入は、保険が使えません。

そういった方には、個人輸入代行サイトが選ばれています。

ED治療薬の中ではもっともポピュラーなバイアグラも購入可能です。

また、バイアグラのジェネリック医薬品も購入できるので、コストも抑えられます。

通販では、カマグラなどのインドジェネリックの種類が豊富にそろっているのです。

自分の体質に合うバイアグラのジェネリック医薬品を見つけられます。

個人輸入代行サイトを利用すると、英語ができなくても、個人輸入が可能です。
システムは、一般的なインターネット通販と変わりません。

日本語のホームページから医薬品を買い物かごに入れ、購入・決済手続きを済ませるだけです。

荷物は海外から直接住所へ届きます。

薬を通販で購入するためには

厚生労働省は、医薬品の個人輸入を認めています。

しかし、一定の条件があります。

個人輸入の条件は、「本人が使用する場合」のみに限られています。

購入者本人が使用する場合に限り、個人輸入が許可されているのです。

譲渡・販売が禁止されているので、夫婦であっても、旦那さんのために奥さんが奥さん名義で購入することはできません。

また、友人の分も一緒にまとめ買いすることも認められていないのです。

輸入量に関する条件は「一般の医薬品は用法用量からみて2カ月分以内・処方箋薬は用法用量からみて1カ月分以内」とされています。

ED治療薬は、処方箋薬なので用法用量からみて、1か月分以内の購入が認められています。

ED治療薬は、1日1錠までの服用とされているので、30錠までなら輸入範囲内となります。

ちなみに、日本では、バイアグラは25㎎と50mgまでの服用しか許可されていません。

100㎎を購入した際は、半分に割って服用しましょう。