バイアグラのジェネリック薬の種類と選び方

バイアグラのジェネリックは価格で選ぶ

バイアグラの相場は、1錠あたり1500円程です。

病院で処方してもらう場合は、薬代の他に診察代や処方箋などの治療費が加わります。

そのため、1錠あたりの負担額はさらに大きくなります。

また、バイアグラは、保険適用外です。

継続的に、使用する場合は、経済的な負担が大きいとされています。

そういった経緯から、安価なバイアグラジェネリック薬が選ばれることが多いです。

バイアグラは、すでに医薬品特許が切れているため、さまざまな製薬会社でバイアグラジェネリックの製造・販売がされています。

ただし、国内メーカーのジェネリック薬でも、1錠あたり1,250円ほどです。

先発品に比べればリーズナブルですが、決して安いとは言えません。

そこで、注目を集めているのが、海外メーカーのジェネリック薬です。

インド製のカマグラが有名で、1錠あたり500円程度とかなり安価な設定になっています。

さらに、まとめ買いをすることで1錠あたりの価格がさらに安くなるのです。

継続して使用している人には、カマグラが選ばれています。

豊富なジェネリックは特徴で選ぶ

バイアグラの開発会社であるファイザー社からは、ODフィルムを開発しました。ODフィルムは、水なしでも服用できるため、飲みやすいです。

また、インドジェネリック薬・カマグラからはさまざまな種類の薬が出ています。

カマグラでは、錠剤タイプ・発泡剤タイプ・タブレットタイプ・ゼリータイプと剤形が豊富なのが特徴です。

水なしでも飲めるのが、タブレットタイプとゼリータイプです。

手軽に服用できるので使いやすさがあり、ストレスも感じにくくなっています。

さらに、ゼリータイプはライチ、キャラメル、グリーンアップルなど7種類のフルーツ味があります。

タブレットタイプも、バナナ、オレンジ、イチゴ、パイナップルの4種類のフルーツ味が楽しめるのです。

剤形が変われば飲みやすさや使いやすさも変わりますが、効果の発現時間にも多少の差があります。

例えば、発泡剤タイプとセリータイプは、吸収されやすいので、他のものに比べると、早く効果が得られます。