バイアグラのジェネリック薬は個人輸入がお得!

個人輸入の場合は費用が薬代と送料だけで済む

バイアグラを日本国内で手に入れるためには、クリニックで医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

費用としては、診察料のほか処方箋料が発生するため、1錠あたり1500円前後となります。

コストとしては、高めです。

コストを抑えたい場合は、個人輸入のほうが良いでしょう。

個人輸入の場合、処方箋料が発生しないので、薬代と送料だけで手に入れられるのです。

海外で処方されるバイアグラであれば、1錠あたり1000円前後で購入することができます。

また、さらに安価に手に入れたいのであれば、ジェネリックもあります。

バイアグラのジェネリックは、海外でも盛んに生産されているのです。

バイアグラの主成分・シルデナフィルが含まれたものが、数百円程度で売られています。

これらを個人輸入で購入すれば、薬代と送料だけで購入できるのです。

たいていの場合には送料込みの価格で売られています。

金銭的な負担を最小限にしてバイアグラと同じ効果を得ることが可能です。

まとめ買いでさらにお得に

個人輸入を利用する場合、まとめ買いをするとお得です。

市販薬でも、買う数量が多いと、価格が安くなるものがあります。

これは、多く売る方が、売る側としても効率が良いためです。

そして、これは、海外で売られている薬も同様です。まとめ買いすると、価格が下がります。

個人輸入代行サイトが、まとめて売る場合には、価格の割引をしています。

バイアグラに限らず、海外から購入するのであれば、まとめ買いをするとお得です。

決済の手数料や送料も1回分で済むので、コストは更に下がります。

たいていの個人輸入代行サイトでは、販売数量が多いほど価格が安くなる仕組みになっています。

特に、安価なジェネリックをより安く手に入れられるのです。

割引率は、薬によって変わってきますが、半額以下になる場合もあります。

それに、バイアグラは、いざという時に使用する薬なので、常備しておくと安心です。

特に、個人輸入では、到着までに1週間ほどかかります。

まとめ買いをしておけば、いざという時に手持ちがない、というリスクも回避できるのです。

ED治療薬を購入する際は、まとめ買いも検討してみてはいかがでしょうか。